進学塾SAKURA

NEWSお知らせ

カテゴリー : 日常
2023.10.13 | 日常

定期テスト対策始動

★更新情報★
【現在の生徒募集】

◆中2生:冬期講習会期間まで募集停止
◆中1生:今年度残り1名募集
◆中3生・小学生:要相談
※小学生は受講希望日、学年によってご案内可能です。ご検討中の方は一度ご相談ください。
※授業体験希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせフォーム
■LINEはこちら

今回の定期テストは学校により実施時期が大きく異なります
当塾の場合、早い学校は10月末、遅い学校は11月末と、約1ヶ月もの違いがあります。
つまり、どのタイミングで何をすべきなのかをそれぞれが考え、取り組む必要があるということです。日々の予習・復習、入試対策と抱えることがたくさんある中で、定期テストに向けて「いつから」「なにを」「どのくらい」「いつまでに」取り組むべきなのか、計画を練ることが最大のポイントとなります。

繰り返しますが、大事なのは【計画】です。
生徒が作成した学習計画表のチェックは、現時点ですでに全学年終えています。今回チェックをしながら、私が生徒たちに注意したことは以下のようなことです。
「この書き方だと、後から計画表を見直したとき、自分が過去に何をしたか見えづらいよ。」
→(内容の具体性が欠けていると、弱点対策がしにくい!)
「このペースで進めるとしたら、学校のワークを1周やり切ったところで対策期間が終わってしまうよ。」
→(ペース配分を誤ると、最終的な勉強量が足りなくなる!)
「塾のテキストは最初から使わないこと。まずは学校で使っている教材を完璧にやり切ろう。」
→(最優先で取り組むべきは、学校の内容!)
などなど。これらのことを、くちスッぱく指導しています。「計画の立て方」は学習スキルのひとつであり、身につけるべき能力です。

このような計画づくりを通して、生徒の着実なスキルアップを図り、点数アップ・順位上昇を目指します。ただし、忘れてはいけないことが一つ。それは、「いい計画表づくり」が最終目標ではないこと。最終目標は、「点数を上げること、目標点数を取ること」であり、「イケシン先生からの助言なく、自力で計画を立てられるレベルに達すること」は通過点に過ぎません。
ここから約3週間、
■個々のタイミングを計り、ポイント授業を実施
■点数UPに向けた弱点補強等のテコ入れ
■SAKURA流の最終フォロー
をしていきます。万全の対策をしてテストに臨みましょう。

今のところ、今年度実施の全てのテストにおいて<点数大幅UP・過去最高点の更新>が見られます。開校初年度ですのでまだまだ油断はできないものの、「点数が上がる」という<感覚>、「結果を出した仲間を間近で見る」という経験を生徒たちに提供できたことは本当に喜ばしいことです。お互いが刺激し合い、高め合い、成長できるように…今回のテスト対策もはりきっていきましょう!

2023.10.02 | 日常

もう10月

★更新情報★
【現在の生徒募集】

◆中2生:冬期講習会期間まで募集停止
◆中1生:今年度残り1名募集
◆中3生・小学生:要相談
※小学生は受講希望日、学年によってご案内可能です。ご検討中の方は1度ご相談ください。

 なんだか、9月があっという間に過ぎ去った感じがします。もう10月。
 先日、各ご家庭にテストの平均点などをふまえた振り返りをお送りしました。私の拙い文章、もしかするとうまく伝えられていないところもあるかもしれません。
 しかし、そんな文章に対しても「(生徒名○○)と一緒に読みました。」「次は○○を目標に取り組ませます。」というお返事を、多くのご家庭から頂戴しました。中には「家では○○なので、どうしたらよいか。」というご相談をいただき公式LINEでやり取りするなど、生徒を想うご家族の温かみを感じずにはいられませんでした。
 保護者様方もお忙しい中、塾の時間に合わせバタバタと夕食を準備いただいたり、送迎に時間を割いていただいたり、こういった塾からの発信にわざわざご返信いただいたり…本当に頭が上がりません。
 塾が開校して半年、まだまだ未熟な教室にも関わらず、
生徒たちの得点大幅UP
順位45人抜きを始め大幅な順位UP
1桁順位獲得者増
などの躍進は、ご家族の力添えによるものだと改めて認識させられました。
課題テストとはいえ、平均点は前回の定期テストとほぼ変わらなかったので、まさに生徒たちの頑張りによるもの、ご家庭のフォローによるものと思います。いつも本当にありがとうございます。

 さて、寒くなってくると受験までの時間がもう残り少ない「この時期が来たなぁ」という気持ちになります。当塾の中3生の人数は少ないですが、だからこそ、なんとしても第一志望合格をさせてあげたい。これからさらに危機感を持って、日々の勉強に取り組んでもらおうと思います。
勿論、中2生以下も前回の結果に満足することなく、次回のテストでも良い結果を残せるよう…間もなく始まる定期テスト対策でしっかり頑張ってもらいます。
 
夜は特に冷えるので、体調管理にも注意して今日からまた頑張っていきましょう!
<余談>★HPのトップ画が動画になりました★

2023.09.05 | 日常

継続すること

★更新情報★
【現在の生徒募集】

中2生:冬期講習会期間まで募集停止
◆中1生:今年度残り1名募集
◆中3生・小学生:要相談
※小学生は受講希望日、学年によってご案内可能です。ご検討中の方は1度ご相談ください。

夏休みが終わり、あっという間に1週間が経過しました。
休み明けのテストも返却され点数集計は全学年終了しています。
あとは平均点&順位を確認してから、最終的な結果報告&各ご家庭に振り返りをお送りする予定ですが、まずは簡単に結果について。

単刀直入に、結果は概ね予想通りでした。
テスト対策期間中に『出来るまでやる』を実践出来ていた生徒は素晴らしい結果を残しています。
ある生徒は、前回テストが終わってからずっと苦手な英語克服に取り組んでいました。その彼は今回490点を超える素晴らしい結果でした。他にも、私にあーだこーだと言われながら、ついに目標達成(5教科70点以上UP)できた生徒もいますし、夏期講習から塾に通い始め、前者を超える超大幅点数UP(過去最高得点)を達成した生徒もいます。残念ながら勉強時間・勉強内容共に修正が必要な生徒もいますし、今回の結果が良くても改善点が残る生徒もいます。
しかしどの生徒もまだまだ成長してくれると期待しています。

あれこれ書きましたが、結果を聞いて「おお!頑張ったね!」と思ったのも事実です
何より多くの生徒が『初の100点獲得!』という成功体験を得られたことは、次のテストに向けて良い追い風となるでしょう。そう、次に向けて…まずは直しノートに即取り組みましょう。

2023.07.10 | 日常

テストは終わった後が大事

定期テストを終え、早くも2週間が経とうとしています。平均点や順位も発表され始めました。
SAKURA塾生の結果はというと…

過去最高得点・最高順位の更新、1桁順位獲得など、
上々の滑り出しを見せてくれました!

開校して初めての定期テストですので、私としても、生徒たちの頑張りを「とにかく結果に残したい」という強い想いがありました。
生徒たちは本当によく頑張ったと思います!

しかし同時に、改善すべき問題点も浮き彫りになりました。
今回結果を残した生徒と、思うように目標点達成に至らなかった生徒の差は何だったのか。

その答えは、「いかに忠実に、妥協せず、塾のセオリーを実践したか」という点に尽きます。
進学塾SAKURAの定期テスト対策、、

徹底することは2つ!
1.勉強計画の作成と更新
2.正確な丸つけと間違った問題の再演習

単純そうに見えるこの2つの作業ですが、これらを「妥協せず徹底できるか」が、大きな鍵となります。日々の学習はもちろんですが、テスト対策期間で徹底するのは、これらを実践・継続することです。

当然ながら、人には得意・不得意があります。同じ単元であっても、そこに費やすべき時間は人によって異なるでしょう。だからこそ、生徒一人ひとりにオリジナルの勉強計画が必要なのです。もちろん私も、細心のチェックと指導・助言を欠かしません。問題なのは、ノルマ達成が目標となり、本来一番重要な「質」がないがしろになってしまうという状況です。

さて、思い返してみてください。

こんなもんかなという妥協はなかったか?
「取り組む」が「片付ける」になっていなかったか?
本当に「直し」を出来るまでやり切れたか?

ひっかかるところがあれば、普段の勉強からすぐに改善しましょう。変わるなら今!後回しにしない!そのための直しノートです!丁寧に作成しましょう。
塾で言われたことを忠実に実践すれば必ず結果はついてきます。実際に今回のテストで、それを体現した塾の仲間を、何人も見たハズです。思うように結果が出なかったと思うなら、動くのは今です。思うように結果を出せた生徒ほど、既に動き出していますよ。

…なんてことを言いつつ、実はすでに生徒たちの変化を感じているここ最近です。多くの生徒が良い結果を出したにも関わらず、改善点を並べてしまうのは塾講師の性ですね…(笑)
しかし、本当に、率直に、こう思っています!

テスト後の生徒たちが、明らかに成長している。

このお話の詳細は、改めてご紹介したいと思います。
この夏もエンジン全開でいきましょう♪

2023.06.20 | 日常

仕上げる

市中総体も終わり、定期テストに向けたラストスパートに入りました。
毎日塾に来て、遅くまで勉強している生徒たちの姿を見て、私もアドレナリン全開です。今までの頑張りを結果につなげるために、最後の1週間を大切に過ごしてほしいと思います。

勉強において、「これで十分!もう大丈夫!」と思ったら、残念ながら今後の伸びはありません。
しかし、都度の勝負時に「今できることはすべてやり切った!」と胸を張って言えるのは、とても大切なことです。そう思えるくらいに 悔いのない1週間を、生徒とともに過ごしたいと思います。とことん対策し、全力でサポートする所存です。

さて、夏に向けての問い合せが少しずつ増えてきました。
【2023夏期講習会】の詳細に関する告知については、下記スケジュールの通りです。
■6/23(金)
進学塾SAKURAの公式HPにて公開予定
■6/30(金)~7/1(土)
近隣の各ご家庭へ「夏期講習会案内チラシ」を配布

学年によっては募集人数に限りがございます。講習会への参加、または入塾をご検討の方はお早めにお問合せください。

楽しい楽しい夏休み(=楽しい楽しい夏期講習♪)が終われば、またすぐに「次の定期(課題)テスト」がやってきます。気を緩めている暇はありません。忙しい日々だからこそ、大事なことを見失わないように、着実に前に進んでいきましょう。

【夏期講習会に関するお問合せはこちらへ】
080-3330-2311(担当:池田)
LINEはこちら

2023.06.07 | 日常

テストに向けて

こんにちは。いけしん先生です。
前回の話題は、「意識の変化」でした。
今日は「継続する力」について書きたいと思います。

意識の変化によって、ひとは行動を起こします。
(行動に移せることはそれだけで素晴らしいことです!!)
しかし、この後の個々の様子は分かれていきます。

◇行動を継続することで、それがモチベーションにつながる。
◇一時的な行動力はあったものの、それが継続できない。

「継続する力」の差が、結果を大きく変えます。

さて、このことを踏まえて、
…2週間前、自習に訪れた生徒たちの現状をご報告します。

あの日から「継続」して、放課後の時間を学習に費やしています。
どこか自信がついたような印象です。
持論ですが「継続できている自分に酔う」ことも、やる気の源になると思っています。

いつのまにか、教室全体の自習生の数も増えました。
お互いを高めあう空気、大事ですね。

この調子で、定期テスト対策も乗り切っていこう。

2023.05.24 | 日常

意識の変化

現在、時刻は15時30分。
いつもは校舎が静まりかえっている時間です。
聞こえる物音といえば、キーボード音や印刷音、引き出しの開閉音くらいでしょうか。
ちなみに、発信源はどれも私です。

しかし今日は、教室の空気が少しちがいます。
シャーペンを走らせる音、教科書をめくる音、耳をすますと、たまに独り言も聞こえてきます。
発信源は…そうです、生徒たちです。

彼らは今、定期テストに向けた自習の真っ最中です。どうやら、学校帰りに校舎へ直行したとのこと。

「今日早いね」と声をかけると、
生徒たちは若干照れながら、
「この前の授業で、定期テストの話聞いたら、なんかやらなきゃと思って…(笑)。」
と言葉を返してきました。
それを聞いて、ついグッときてしまった私です。

たしかに、私は前回の授業で「定期テスト対策」について話をしました。その時、彼らに伝えたことは、着手時期や継続方法、点数アップにつながる戦略です。

…前回の授業とはいえ、つい1日、2日前の出来事。
彼らがこんなに早く行動に移してくれるとは思いませんでした。
感無量です。
生徒たちの成長を肌で感じた瞬間でした。

今、生徒たちは机に向かい、各自の課題を黙々とこなしています。

その傍らで私はやんわり頬をゆるませながら、夏の授業計画を黙々と作成しています。

2023.05.13 | 日常

目標は何だろう?

休塾期間が明けました。久しぶりの更新です。
生徒たちはGWを楽しみつつも、しっかりと課題をこなしてきてくれました。一人ひとりの意識が高くてとても頼もしいです。私も夢中で、生徒たちの課題チェックに明け暮れるここ最近でした。

GW前、生徒たちが私から与えられたミッションは2つ。
ひとつ、この時期にインプットすべき問題に、計画的に取り組むこと。
これはいわゆる「宿題」ですね。
ふたつ、GW明けの小テストに向けてアウトプットの練習をすること。
学習のやりがいを目に見える成果として感じて欲しいと、私は常々思っています。頑張りは結果につながり、結果はやる気につながります。このサイクルを定着させていこう。

さて、GW課題のテストが最も良い結果だったのは小4生のメンバーです。中学生に比べると、課題量も少なくテスト範囲も狭いですが、それでも宿題の取り組みは立派なものでした。本当に!

◆ノートの使い方が徹底されている。(日付、丸付け、直しをルール通り行っている)
◆何度もテストに向けて「自分でテストをして」精度を上げてきている。

GW前に全学年の生徒に<点数を取るため>に、自分に厳しく上記2点のことに取り組んでほしい」と伝えています。4年生はそれをしっかり守って頑張っていました。
宿題のノート等々確認すると、保護者様方が寄り添いサポートしてくれた形跡(漢字間違いを直してくれていたり、一緒に勉強したであろう書き込みがあったり…)もしっかり残っていました。楽しいGWを過ごしながらも、勉強時間もちゃんと充実させてくれたのだと思います。

★小4生テストの様子★

続いては中学生の取り組みです。これから少し厳しいことを書きます。心当たりのある生徒諸君は是非読んでほしい。GW期間中、「勉強の仕方」の甘さが浮き彫りになったのではないかな?どうだろう。

問題を解いて、丸つけをして、間違えた問題は解き直した。うん、「宿題」はよくできていました。
でも、このあとが重要だよね。

自分なりにテストをして、間違いがあれば直して、また挑戦して…そう、この繰り返しが「点数を上げるための学習」でしたね。1回問題を解いて満足していたら、結果にはつながらない。

今回のテストで合格できなかった生徒に共通して伝えたことは

<宿題をやること>が達成目標ではないよね?」です。

 ・分からないところは自分なりに調べてやった形跡がある。
 ・部活や家の事情で時間がなかなか取れなかったけどやった。(本人談)
 ・宿題は全員やっていた。
勿論これらは素晴らしいことです。ですが、点数が取れるだけの知識量が身についていなければ、身につくまでやらなければ、全く意味がありません。それを今回はよくわかってくれたんじゃないかな、、と思います。

そして!嬉しいことに、すぐさま自身の改善点を見直し、再テストで満点合格できている生徒が既に複数名いるのです。「正しいやり方」を実践すれば、必ず結果がついてくること。しかしそれを怠れば、期待した成果は発揮されないこと。だからこそ、長期休暇中の学習は自分との戦いであること。今回の経験を次に活かしてくれると信じています!

1ヶ月半後には定期テストが待っています。
テストまで、まずは1つずつ、また丁寧に知識を積み重ねていきましょう。
そして私も、今回のみんなの様子をふまえ、<点数が取れるように>これから始まるテスト対策期間のスケジュールを最終調整していきたいと思います!

2023.04.17 | 日常

板書掲載に関して

通常授業スタートから早くも1週間が経ちました。
GWの課題設定も進めつつ、授業予定を調整したり、あれやこれやと時間があっという間に過ぎている感じは少し楽しくもあります。

では、表題の件です。
やっと私の操作スキルが追い付いてきまして、授業の板書をPASS付でHPにUPできるようになりました。今週から授業内容を順次UPしていきますので、宿題やチェックテストの勉強に役立ててほしいと思います。

★余談★
ドタバタと先週は色々と仕事が進みました。そんな中サプライズも(笑)。塾のデザイン関連諸々を手掛けていただいている㈱OGさんからプレゼントをいただきました。超感謝です!生徒みんなに配っています。TAKKAくん、おでんちゃん、ありがとう☺!

まだまだ不足しているものはありますが、ゆっくり1つずつ、
生徒・保護者様方にとって本当に必要なものを増やしていきたいと思います。

2023.04.06 | 日常

黄金の風

春期講習会も先日最終日を迎え、いよいよ来週からは新年度授業開始です。
送迎や講習会期間中のサポート、そして出来たばかりの新しい塾にお子さんを預けてくださった保護者様方に感謝申し上げます。

新規開校から初めての講習会でしたが、集まってくれた生徒さん、そして親御さんにも恵まれ、非常に良いスタートを切ることができました。ここから4.5.6の約3カ月、継続してお通い頂く生徒の成績(定期テストの点数)爆上げを目指し、進学塾SAKURAとして結果にこだわっていきたい!と思っています。
昔、「結果だけだ!この世には結果だけが残る!」と言っていた人もいましたね。

また来週からは、秋田スポーツPLUSさんから生徒さんをお預かりして授業を行う、学習提供も開始となります。生徒たちが限られた時間の中で、勉強面も妥協せず、サッカーとの両立をしっかり行えるようにフォローしていきたいと思います。

…未だにHPの更新がうまく出来ず、先ほどここまでの文章が全部消えました。
日々の授業板書など、パスワード付の情報共有もできるようにしていきたいと思いますので、私のスキルが上がるまで少々お待ちくださいませ!

最近は時間の経過が早すぎて、時間が消し飛んでいるかのようです。…だからさっきHP更新データが消えたのか。キング・クリムゾンだね。

さて!新年度に向けて、今日も頑張ります!
人の成長とは、未熟な過去に打ち勝つことですからね!